アクセス | サイトマップ

Gospel Ministry

ゴスペル・ミニストリー

1993年、映画 "天使にラブ・ソングを 2"や、ミュージカル "Mama I want to sing"の影響を受け「ゴスペルを歌いたい」という思いを持っていた多くの人々に対し、ゴスペル・ミュージック・ワークショップのドアが開かれ、ラ ニー・ラッカーはゴスペル界のパイオニアとして、国内初となる日本人に向けたゴスペル・ミュージック・ワークショップを開催。今日まで日本各地において多 くの人々がワークショップを通してゴスペル(福音)に触れきた。現在ではゴスペル・ワークショップという名前が数々の人々によっても広められ、浸透してきいる。そこから信仰を持ち、教会につながり、伝道して行く人々が起こされ続けている。

彼は、各地のゴスペル・クワイヤ(聖歌隊)の指導、ゴスペル・ワークショップ、奏楽者セミナー、指揮者セミナー、ヴォーカル指導を通してゴスペルを受継ぐ人々を育てると共に、 教会、学校、結婚式や各地域においてのコンサートに出演。

また、自ら作詞・作曲を手がけたゴスペルの楽譜やピアノ奏者のための教本を出版。その他にもソロ・シンガーやクワイヤCDのプロデュースを手がけるなど活動の場を広げている。

アメリカ最大のゴスペル・セミナー「ゴスペル・ミュージック・ワークショップ・オヴ・アメリカ」(G.M.W.A.) の日本支部長を務める。

ラニー

私たちの伝道について

聖書に基づくゴスペル音楽を広め、イエス・キリストこそが聖書の伝える 「ゴスペル(福音)」の根源となっていることを伝えています。
この活動は、1996年にラニー・ラッカーによって始められました。当時、映画やミュージカルの影響を受け「ゴスペルを歌いたい」という思いを持っていた人々に対し、ゴスペル・ミュージック・ワークショップのドアが開かれたのです。

「ゴスペル」は「福音」 Good News!
「ゴスペル」は「讃美」 Praise!
「ゴスペル」は「喜び」 Joy!
「ゴスペル」は「 力 」  Power!
「ゴスペル」は「癒し」 Healing!
「ゴスペル」は「勇気」 Courage!
「ゴスペル」は「勝利」 Victory!

ゴスペル音楽はこれまでのあらゆる人々の働きを通し、世界中に広まりました。ゴスペルのメッセージは国や人種を問わず得ることができる唯一の救いです。 今世紀に入り、日本においてもゴスペル音楽は「ジャンル」として益々人気が高まり、完全な「ブーム」になっていることを嬉しく思います。 しかし、ゴスペル音楽はただの流行音楽ではなく、また音楽のジャンルでもなく、それよりも遥かに大きい宝物です。

そこには「いのち」があります。ゴスペル音楽は神様からいただいた私たちへの素晴らしい贈り物です。

「神は実にそのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者がひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」 ヨハネ3:16

ラニー